住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。

 

元利均等返済というのは、元金+利息の合計額が均等、つまり変わらない返済方法。借り入れ当初は、多く借りているので利息が高いため、利息の占める割合が高くなります。そして返済するたびに、払うべき利息が減るので、利息の占める割合が徐々に減っていきます。

 

最初の頃は、なかなか元金が減らず、「利息ばかり払っている状態」が続きます。

 

それに対して、元金均等返済は、返済する元金が一定である返済方法。定額の元金に利息を上積みして返済します。上記のように、借り入れ当初は、利息が多く発生するので、元金に上乗せする利息が高く、毎月徐々に上積みする利息が少なくなります。

 

どちらの方が有利かとなると、総返済額は元金均等返済の方が少なくて済みます。

 

ただ、住宅購入当初という何かの物入りの時期に、多くローンを返済しなければならないというデメリットがあります。そのため、一般的には多少利息を多く払ってでも元利均等返済を選ぶ人が多いようです。

 

なお、元利均等返済のもう一つのメリットとして、返済額が一定なので、家計管理がしやすいということがあげられます。